TOPページ ハーブの花やさん ラベンダーハウス ラベンダーの花やさん ハーブティの楽しみ 手作りキャンドル店 ジャム工房 特定商取引表示

エッセイ「ハーブの里からこんにちは」

2002年4月から毎週土曜日に地元新潟の放送局(BSN)で
二人で執筆したハーブ農園の様子をお話してもらいました。
最終は2003年3月。過去分も含め紹介します。


春になったら始めよう!

 我が農園は、冬は植物も人も冬眠中です。暦の上では春ですがまだまだ寒いこの季節、ラベンダーたちは雪の中で休眠していますし、ハウスの中のハーブたちもじっと動かないで春を待っています。

雪がしんしん降る日に電話がかかってきます。「ハーブ農園ですよね。行きたいんですけど、どう行ったらいいんですか?」「雪が積もってハーブ畑も雪の中、苗たちも冬眠中です。春になったらお出でください」と答えるのですが、どうしても来たいと数時間後に雪に埋まったハーブ農園にお出でになります。お若い二人連れ、「ラベンダー畑はハウスの中ですか?」と真顔で聞いてきます。「いいえ、あの雪の下で眠っています。6月の中頃に花が咲きますので見にいらっしゃい」ということになります。

「ハーブの種を2週間前に播いたのに芽が出てきません。どうしてですか?」といった問い合わせもこの寒い季節に時々あります。まだ種を播く季節ではないことをお話するのですが、お部屋は暖房していて暖かいので芽が出てくると思ったとのことです。花いっぱいの花屋さん、雑誌の草花の写真などを見て、ふと植物を育ててみょうと思いたったのでしょう。

辛口おばさんの忠告は、植物を育てるのは人間の思いどおりにはなりませんよ。あわてない、あわてない。春はゆっくりと八重サクラの咲く頃になったら種を播きましょうとお話します。

 冬は春になったらこんなことしょうと思いをふくらませ、いろいろな計画を立てて心にたっぷりと栄養を与える季節です。また、種を探したり、注文したり必要な物をそろえていくことも楽しいものです。お庭や畑のレイアウトはどうしょうか考えたり、スケッチしたりするのもいいですね。

春からのガーデニング、畑仕事に思いをはせ、わくわくする日々が続きます。

 

03.1.29Y.O 記


サクラ
タンポポ
カモミール
季節限定ラベンダーを楽しもう!(02.6.4)
聖なる草「セント・ジョンズ・ワート」(02.6.4)
梅干しおばさんの出番です(02.6.12)
バジリコを育てよう!(02.6.18)
お世話になってます。ホップさん(02.6.25)
紫の貴婦人、ヘリオトロープ(02.7.3)
リキュールを作ろう(02.7.10)
ハーブ畑は時々草畑(02.7.17)
夏は酢で元気!ピクルスとハーブビネガーを作ろう(02.7.24)
ハッカ物語(02.7.31)
ドライフラワーは短期決戦で!(02.8.13)
センテッドゼラニウム(02.8.20)
バラの実はビタミンCの爆弾(02.8.28)
トウガラシの仲間は3000種(02.9.4)
もうひと花咲かせます(02.9.11)
ポピーの種を播きました(02.9.18)
ワタは精神安定剤(02.9.25)
スカボローフェアとハーブたち(02.10,2)
えらいぞ! 月桂樹(02.10.9)
ローズマリーは花盛り(02.10.10)
冬に食べよう! ロケット(02.10.16)
自分流でリースを作ろう(02.10.23)
食用ホオズキ(02.11.6)
冬に楽しむキャンドル作り(02.11.13)
お星様の花ボリジ(02.11.20)
ハーブ園のおばさんは、時々職人(02.11.27)
日本のブレンドスパイス七味唐辛子(02.12.4)
アジアの香りのスパイス、クローブ(02.12.11)
ハーブ湯でリラックス(02.12.18)
春の七草、野草で胃を休めよう(02.12.25)
ハーブ湯でリラックス(02,12,28)
ピザにオレガノ(02.12.31)
菜の花のたよりが聞こえます(03.1.8)
野いちごは恋のキューピット!?(02.1.13)
キムチ大好き(03.1.22)
早春の花・スィートバイオレット(03.2.5)
コーヒーの香りに想いをはせ(03.2.26)
眠り誘う香りジャスミン(03.2.26)
リンゴにシナモン!(03.3.5)
リラックスします!アロママッサージ(03.3.12)
小さなハーブガーデンを作ろう!(03.3.18)

トップページへ